サッカーボール1コから、FIFA会長就任まで、 日本代表から世界選抜まで、幅広く情報を提供していきます。 ユニフォーム・スパイク・グッズなどお求めの方は、 「サッカーJAPAN本舗」へ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ESP32 スペイン代表ユニフォーム(H)12/13

史上初の大会連覇
欧州選手権優勝のスペイン代表ユニフォーム!!

ESP32 スペイン代表(H)12/13





製造元 : adidas
定価 : 9,975円
価格 : 8,925円 (税込)
サイズ:S/M/L/XL
送料無料

■商品解説■
・スペイン代表2012/13シーズン、ホーム用ユニフォーム。
・EURO2012大会着用モデル。

その他スペイン代表グッズも!!



サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー用品・グッズへ
スポンサーサイト
[ 2012/07/02 15:09 ] 未分類 | TB(1) | CM(1)

【ロンドン五輪代表メンバー】清武、宇佐美ら 宮市、大迫らは選外に

JFA(日本サッカー協会)は2日、現地時間26日(以下現地時間)に開幕を迎えるロンドン五輪に臨むU-23日本代表の最終メンバー18名を発表。宇佐美貴史、大津祐樹ら欧州組のほか、ドイツ移籍が決まった清武弘嗣も名を連ねた。また、オーバーエイジ枠として徳永悠平と吉田麻也の2人がメンバー入りを果たした一方で、宮市亮(アーセナル/イングランド)はメンバー外となった。

このほか、予選から主力としてプレーし続けたDF山村和也やFW永井謙佑もメンバー入り。トゥーロン国際大会などでアピールしたFW齋藤学なども18名に入った一方で、DF比嘉祐介(横浜FM)、FW大迫勇也(鹿島)、原口元気(浦和)といったメンバーは選外となった。

また、バックアップメンバーには、オーバーエイジとして候補入りしていたGK林彰洋(清水)のほか、DF大岩一貴(千葉)、MF米本拓司(FC東京)、FW山崎亮平(磐田)の4名が選出されている。

ロンドン五輪では16チームが4グループに分かれてグループリーグを戦う。グループDに所属する日本は、11日に離日前最後のテストマッチとなるキリンチャレンジカップのニュージーランド戦(東京・国立競技場)を戦ったあと、26日に優勝候補のスペインとの初戦を迎え、その後モロッコ(29日)、ホンジュラス(8月1日)と対戦する。

=以下、ロンドン五輪代表メンバー=

GK
権田修一(FC東京)
安藤駿介(川崎)

DF
酒井宏樹(ハノーファー:GER)
酒井高徳(シュトゥットガルト:GER)
徳永悠平(FC東京)
吉田麻也(VVV:HOL)
鈴木大輔(新潟)
山村和也(鹿島)

MF
清武弘嗣(ニュルンベルク:GER)
村松大輔(清水)
東慶悟(大宮)
山口螢(C大阪)
扇原貴宏(C大阪)
宇佐美貴史(ホッフェンハイム:GER)

FW
永井謙佑(名古屋)
大津祐樹(ボルシアMG:GER)
齋藤学(横浜FM)
杉本健勇(東京V)





サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー用品・グッズへ

完敗認めるブッフォン「相手は偉大。僕らに不満はない」

EURO2012(欧州選手権)は1日に決勝戦を行い、スペインがイタリアを4-0で下し、史上初の欧州連覇、そしてW杯を含めた前人未到の3連覇を成し遂げた。決勝で屈辱の4失点を喫したGKジャンルイジ・ブッフォンはuefa.comに対して「辛い結末になってしまったが、相手は偉大なチーム。内容でも上回られた」と完敗を認めている。

今大会、イタリアは伝統の"カテナチオ"と呼ばれる固い守備を維持しつつ、これまでになかった攻撃的サッカーを展開。内容でも上回る強い勝ち方で決勝まで勝ち進んできた。だが初戦で1-1と引き分けたスペインにまさかの4失点完敗。悔しさをにじませつつもブッフォンはこう続ける。

「人生では、敗北を受け入れ、自分より優れていた相手を褒めなければならないときもある。彼らには、欧州選手権の決勝のような大舞台に慣れた選手がたくさんいた。序盤からその差が出ていたと思う。僕らはこれまでのイタリアとは、また違う選手を揃えたチームだったからね。僕らに不満の言葉はない。スペインの方が上だった。今は彼らを祝福したい」

イタリア代表のほかの選手もスペインの偉業をたたえた。MFダニエレ・デ・ロッシは「スペインはどのチームよりも優れていると思う。10試合すれば、7敗か8敗はするだろう。もし勝つか引き分けることができたとすれば、何もかもがうまくいったときだろう。今夜は相手の手を煩わせることが、一切できなかった」とお手上げの様子。前半21分に負傷でピッチを後にしたDFジョルジョ・キエッリーニは「僕らはとても疲れていた。負傷者が出たのもそのせいだ。歩くことさえままならない選手も何人かいた。結局のところ、スペインを祝福するしかない。今夜の彼らは勝利にふさわしいチームだったし、僕らより上であることを証明した」とコンディションが整わなかったことに悔しさを見せながらもスペインの快挙を祝福している。 



サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー用品・グッズへ

F・トーレスがEURO2012得点王

スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、EURO2012の得点王に輝いた。1日に行われたイタリアとの決勝戦で、1ゴール1アシストを記録したのが決め手となっている。

今大会ではF・トーレスのほか、ドイツ代表FWマリオ・ゴメス、ロシア代表FWアラン・ジャゴエフ、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが3ゴールで並んでいる。

UEFAの規定により、ゴール数が同じだった場合はアシスト数が考慮される。F・トーレスは1日のイタリア戦で後半途中から出場し、チーム3点目となるゴールを決めると、MFフアン・マタのチーム4点目をアシストしており、これでゴメスと並んだ。

そして、出場時間数が少ないF・トーレスがタイトルを獲得することに。F・トーレスは189分、ゴメスは282分の出場だった。

F・トーレスはEURO2008の決勝でドイツを相手に決勝点を挙げているが、このときの得点王はチームメートのFWダビド・ビジャだった。





サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー用品・グッズへ

欧州選手権 スペイン史上初の連覇、イタリアを4-0で降す 

サッカーの欧州選手権は1日(日本時間2日早朝)、キエフで決勝が行われ、スペインがイタリアを4-0で降し、史上初の大会連覇を果たした。2010年ワールドカップも含めた主要国際大会3連覇も史上初。

イタリアは2000年以来となる3度目の決勝進出だったが、1968年以来のトロフィーには手が届かなかった。

スペインはセスクを起用しての「ゼロトップ」でスタート。イタリアは初戦で1-1と引き分けた際の3バックではなく、4バックでキックオフを迎えた。

序盤から主導権を握ったのはスペイン。ポゼッションからイタリアを脅かすと、10分にはセスクとのパス交換からシャビが強烈なシュートを放つが、これはクロスバーを越えた。縦への勝負がないと批判された今大会のスペインだが、この日はイタリアに脅威を与える雰囲気を醸し出す。

すると14分、そのスペインが試合を動かした。イニエスタのスルーパスに反応したセスクが、キエッリーニの裏を取って深い位置へ。このクロスにシルバが頭で合わせてネットを揺らした。

早い時間帯に先手を取られたイタリアは、20分にアクシデントにも見舞われる。キエッリーニが負傷でバルザレッティとの交代を余儀なくされた。29分、デ・ロッシのパスから、カッサーノがDFをかわし、ようやくシュートに持ち込むが、これはGKカシージャスの正面へ。カッサーノは33分にも強烈なミドルシュートを放ったが、再びカシージャスに阻まれる。

追い付きたいイタリアを相手に、スペインは徐々にスペースを生かしたカウンターを見せると、41分に貴重な追加点を奪う。シャビの絶妙なタイミングのスルーパスから、J・アルバがGKブッフォンとの1対1を制して確実にシュートを沈め、最高の形で前半を終える。

2点のビハインドを背負ったイタリアは、後半開始からカッサーノに代えてディ・ナターレを投入。すると立ち上がり、うまく右サイドを崩し、アバーテのクロスにディ・ナターレが頭で合わせる。だが、ボールはクロスバーの上へ。イタリアは1点を返す絶好機を逃してしまう。

チャンスを逸したイタリアに対し、スペインは直後にセスクが深い位置で粘ってシュートに持ち込むが、ブッフォンとアバーテの懸命な守備に阻まれる。49分にはFKにラモスが頭で合わせ、ボールがマークについていたボヌッチの腕に当たるが、主審はハンドによるPKを取らなかった。

早く1点を返したいイタリアは、51分にモントリーヴォのスルーパスから、再びディ・ナターレにチャンスが訪れたが、シュートはまたしてもカシージャスに跳ね返される。プランデッリ監督は57分、最後のカードとしてチアゴ・モッタを投入するが、そのT・モッタがわずか5分後に筋肉のトラブルで離脱。運にも見放される。

10人となったイタリアに対し、スペインは試合をコントロール。この時点で勝敗は決し、84分にシャビのスルーパスから途中出場のフェルナンド・トーレスが、88分にもF・トーレスのアシストから、やはり途中出場のマタがネットを揺らし、大量4ゴールを奪ってタイムアップの笛を迎えた。





サッカー ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村 サッカーブログ サッカー用品・グッズへ
良い商品をより安く
プロフィール

zack0016

Author:zack0016
サッカーJAPAN本舗へようこそ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。